« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月13日 (火)

ホームページ更新、twitter始めました。

自作楽器博物館の別館企画展 第8回をアップしました。今回のゲストは、Sebonという音楽グループで活動する松茸さんです。ホームページの自作楽器博物館の別館へ!!

それから先週からtwitterも始めました。あまり頻繁にはツイートしないと思いますが、宜しかったらご覧下さい。
http://twitter.com/yonemotominoru

記事と関係ありませんが、2008年10月25日(土)、お台場・科学未来館で行われた"DIGITAL CONTENT EXPO 2008"に、乗り子オーケストラのメンバーとして参加したときの動画がありましたので、リンクしておきました。米本、白衣着て、司会頑張ってます(笑)。下の画像をクリックしてください。

Digi_ex

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レポート:Make: Tokyo Meeting 05 楽しかったです。

2010年5月22日(土)、23日(日)

世界中のユニークな物作りを紹介している書籍『Make』が主催するイベント「Make: Tokyo Meeting 05」に、見た目は地味ですが、コンセプトはクレイジーな装置"SYSTEM Y"をひっさげて参加してきました。

私の書籍に載っている工作の活用方法、料理で言えば調理後の盛り付け例として何か提案できないか?そんな思いがきっかけで"SYSTEM Y"の制作はスタートしました。更に制作途中で、電池と豆電球やモーターをつなぐだけでも、こんなに面白い!!ということに気付いてからは、雪崩のようにアイデアが押し寄せて、工作に没頭する毎日が続いています。

Mtm05

当日、天気は少々肌寒く雨でしたが、ブースの接客は休む間もなく(二日間昼食無し!!)、もの凄い入場者数に、物作りへの関心の高さを実感しました。となりのブースには異常奏者さん(元弟子のスパーク小倉くんがアシスタントでいました)、更にとなりにはカオスモスマシンの冨岡さんがいました。時々、異常奏者さんの楽器と私の機材をY-LINKで接続するパフォーマンスもしました。知り合いの作家さんたちにも、たくさん再会できました。しかし、接客があまりにも忙しく、他のブースやコンサートなどに全く伺えず、本当に残念でした。車輪の再発明さん、Cartier Santos Sweet Lady Bandさん、ごめんなさい!!それから、自作のヨネミンを持って来て頂いて、その場でY-LINK接続した松茸さん、電波の音を聞く装置"Technophone"で"SYSTEM Y"のブザ男と、その場でセッションした菅野創さん、本当に有難うございました!とても刺激を受けました!

2yonemins

松茸さんのヨネミンと、本家シリアルナンバー1番のヨネミンのツーショット!

私の説明を聞いて頂きながら、たくさんのお客さんに"SYSTEM Y"を触って頂きましたが、小さなおともだちから大きなおともだちまで、みなさんの楽しんで頂いている姿や表情に、やって良かったと本当に思いました。おかげさまで持って行った書籍は完売しました。自分の作り出した装置ですが、逆にいろいろなことを教えてもらっているようです。

会場での反応と感想をフィードバックして、更にユニットが増殖中です。お楽しみに!!

記事とは関係ありませんが、5月18日(火)、なってるハウスへ森順治さんカルテットの演奏を聞きに行きました。共演は清水浩さん、河合拓始さん、永塚博之さん。大磯のときに続いて、持参した「ミニ1号機」で、飛び入りで演奏に参加させて頂きました。いゃ~!みなさんと演奏できて幸せな夜でした!!

Mini1goki

ミニ1号機

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年7月 6日 (火)

CHAOSMOS/冨岡雅寛さんのプレゼン動画を作りました。

様々な自然現象を体験する装置、カオスモスマシンの作家である冨岡雅寛さんの作品たちを紹介するムービーを、米本電音研究所(企画:米本+石塚、映像編集:石塚、音楽:米本)で制作しました。
冨岡さんの作品たちの魅力を、写真とテキストだけで伝えるのはとても難しいので、もちろん実際に触って動かして頂くのが一番なんですが、少しでもその素晴らしさが伝わるように我々なりに取り組んでみました。
興味を持って頂けたら、CHAOSMOS/冨岡雅寛さんのページにアクセス、展覧会や常設している施設などをチェックして頂いて、実際に体験してみてください。

記事との関連エピソード、冨岡さんの奥様から、またまたさんぴん茶を頂きました。有難うございました♪

Sanpincha2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »