« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月10日 (金)

昨日は11日のライブのリハーサルでした。

尾上さんとスタジオに入ってリハーサルをしました。お互いにサウンドの勘みたいなものが通じるのでとても楽しく、しかしクリエイティブな場での緊張感みたいなものもあって、有意義な時間でした。

尾上さんとは、しばらく共演したりユニットを組んでいませんでしたが、お互いにユニークな音楽活動のシーンを広げるために、それぞれの場で活動を続けながら応援し合っていました。

感触としては、2人とも自作楽器のコントロールが一段とうまくなってきているので、とてもフィジカルな電子音楽になっていると思います。テキサスインスツルメンツのサウンドチップを使ったユニットの対決からスタート予定です。

それにしてもセッティングの写真、2人ともタカチ製のケースを多用していることもあって、どこまでが、それぞれの機材だか(笑)。ツマミだらけですね(笑)。

楽しいイベントになると思いますので、ぜひぜひいらしてください!!
詳しくはこちら

P7091382

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月 8日 (水)

7月19日(日)「The Moving Tones」第9回に参加します。

江古田フライング・ティーポットで行われる「The Moving Tones」第9回に参加します。
様々なジャンルのダンサーと音楽家による即興セッションと美術作品の展示。
今回は自作楽器クリエーターが4人も出演!私と、このイベントではお馴染みのTAO/WAVEDRUMの本橋HAL彦さん、回擦胡&リボンコントローラーの尾上祐一さん、そして新作「ゴッドハンド」で初出演の異常奏者さんも要チェックです(観客としてですが、彼の元弟子のスパーク小倉(←誰?)も来るかも)。

現在制作中の4号機が完成すれば、3号機と一緒に持って行こうと企んでます。が、前回同様、鍵盤も弾くかもです。

ヨネミンも何台か持っていきますので、この機会にどうぞ。

「The Moving Tones vol.9」
ライヴ:2009年7月19日(日)
open17:00/start17:30/close21:30
展示:2009年7月15日(水)~20日(月)11:00~22:00 火曜定休
会場 江古田フライング・ティーポット

更に詳しい情報はこちらへ
http://artevektor.com/?p=891

<出演者>

7/18(土)
Zel.(シンセ/ダラブッカ)
Terry Narui(Steel Pan)
山崎怠雅(ギター)
浅野廣太郎(サックス)
NAOTOBaBa(タブラ)
asililera(Voice)
及川禅(ギター)
Nao(ベリーダンス)
SHRI(ベリーダンス)
yukkey(FreeStyle)
めこ(Conte/舞踏)

7/19(日)
Zel.(シンセ/ダラブッカ)
米本実(シンセ/自作楽器)
本橋HAL彦(TAO/WAVEDRUM)
尾上祐一(回擦胡/リボンコントローラー)
矢竹拓(ディジュリドゥ)
異常奏者(自作楽器ゴッドハンド)
ゆっぴ(テルミンダンス)
Vizry(ベリーダンス)
堀田望(African/FreeStyle)
山田洋平(Conte)
矢島みなみ(Conte)

<展示>
7/15(火)~7/20(月)
Zel.(絵画)
匿名の仮面:勇(仮面)
miwami(絵画)
本橋HAL彦(写真)
梶 雅達(写真)
網野目誠一(写真)
伊藤明子(写真)
黒羽由架(絵画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

7月11日(土) 円盤 自作電気電子楽器特集 尾上さんと共演!

円盤主宰の自作電気電子楽器に特化したアーティストたちを集めたイベントに、尾上祐一(回擦胡、リボンコントローラetc)&米本実(自作電気楽器)のコンビ、名づけて"1969"で出演します。単に一緒に演奏するのみならず、お互いの電気楽器を連動させるY-Linkのパフォーマンスも行います。0号機、1号機、3号機(スイッチが光る!!)が出動予定です。

共演は、自作発信機+オシロスコープ映像によるパフォーマンスの「オシロスコッティ」、自作リズムマシン&発信機&シーケンサーによるコンビ「車輪の再発明」とその音にシンクロするRGB映像を担当する鈴木學(先日のヨネモトルームでセッションしました)氏の合体トリオ、そして複数のオープンリールテープレコーダーやエンドエステープなどを組み合わせたサウンドパフォーマンスをするSoundwormの3組です。

「Please put music in here」
2009年7月11日(土)
19:00開演

高円寺円盤
http://enban.web.fc2.com/
地図はこちら
http://enban.web.fc2.com/enbanmap.html

【出演】
オシロスコッティ(from浜松)
RGB+車輪の再発明
soundworm
1969(尾上祐一&米本実)

自作電気電子楽器ファン必見の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤモリ

となりの家の塀にヤモリがいました。ステキだったので写真にとりました。

最近親しくしている詩人の大島健夫さんのブログみたいです(笑)。

DAYLIGHT RUMBLER
http://ameblo.jp/inakajikan

このブログでは、彼が生活する千葉で出会った大小の生き物について、コンパクトデジカメで撮った写真とテキストが掲載されています。しかし動物の写真は難しいですね。満足出来ず30テイクぐらい撮りました。更に自然の中で撮影するのだから、大島さんはすごいなぁと、改めて感動した土曜の朝でした。

P7041363

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

パソコン、一応復活

先週、パソコン故障の記事を書きましたが、その後、いろいろと試して一時的に復帰はしました。しかし、動作が不安定で、OSの読み込み中に電源が落ちることも続出(←機械に詳しい人ほどかなり怖いと思います)。あらゆる可能性を考え、いろいろと試しましたが、ネットで調べたり、師匠の山内さん、弁慶さんにアドバイスを頂いた結果、電源が問題であると結論。昨日、電源ユニットを交換。その後は何とか落ち着いています。

機械に絶対はないので、まだ安心は出来ませんが、何とか復活したので、これから返信や更新などをしますので、もう少々お待ちください。

写真:古い電源を取り外す作業の様子

P7071372_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月 2日 (木)

パソコン故障

パソコン、結構面倒な故障が起きてしまいました。すみません、復旧に時間がかかりそうなので、急ぎの方は携帯へお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年7月 1日 (水)

7月2日(木) ヨネモトルーム『米本実×鈴木学―自作エレクトロニクスの諸相』

久々の更新が告知ですみません。パソコン環境のトラブルや仕事でバタバタでした(涙)。

様々なイベントやレコーディングで共演してきた米本篤さんが企画するイベント<ヨネモトルーム>に出演することになりました。電子装置の制作を手がけ実演する鈴木学さんとの共演ライヴ企画です。

私のソロのコーナーでは、昨年末に光るトグル・スイッチに取り替えてパワーアップした3号機による「マン-マシーン・インターフェースに関する考察Vol.1」の再演、これまた新しくなった0号機とリングモジュレーターによる演奏などサウンド的には硬派な!?電子音楽を予定しています。

以下、米本篤さんの告知からの抜粋です----------------

こんにちは。来る7月2日(木)に、自作電子楽器で知られる米本実と鈴木学の 両氏を迎えたイベントを武蔵小金井アートランドで行います。

某アイドル(?)グループによるテクノポップの復権、大著『日本の電子音楽増補改訂版』の出版、<東京の夏>音楽祭で坂本龍一選曲による電子音楽の特集が組まれるなど、にわかにテクノ、電子音楽に注目が集まる昨今ですが、自作エレクトロニクスの世界で独自の活動を続けるお二方を招いた企画をおおくりします。昨年著書を出版し、イベント、ライヴ出演が相次いでいる米本実、そして今井和雄トリオに参加し、多くのアーチストの装置制作を手がける鈴木学。このお二人のライヴと対談で、テクノ、電子音楽を新たな視点から見つめなおしてみたいと思います。

2009年7月2日(木)
開場7:00開演7:30
入場料:1000円+ドリンク代
場所:武蔵小金井アートランド
http://www.freespace-artland.com/

地図や場所の情報
http://navitokyo.com/042-383-6155/

〒184-0004 東京都小金井市本町1-16-6
小金井マンション1B
TEL&FAX 042-383-6155
(JR武蔵小金井駅南口を下車、モスバーガーのある
線路沿いの道を新宿方面に戻り、鳥居を超えたらすぐの、
道の右手、一階が居酒屋の白い建物の地下。駅から徒歩数分)

プロフィール

鈴木學
http://www.geocities.jp/ijnsz/index.html

東京工業大学大学院卒 2000年、エレクトロニクス技術を
用いた自作楽器等の設計制作、それを使った即興演奏等の
活動を開始。アナログ発振器、デジタル音源、マイコン、MIDI、
無線機器を応用した作品を制作。音楽家等からの
受託制作も行う。近年は一楽儀光、杉本拓、伊東篤宏、
角田俊也らに装置を制作。
また、今井和雄トリオにエレクトロニクス奏者として参加、
2008年にdoubt musicより1stアルバムを発表。
2007年より千駄ヶ谷Loop-Lineにおいて
『エレクトロニクス制作講座』を開催している。

米本実
http://homepage3.nifty.com/yonemino/index.htm

電気音楽家。日本大学大学院芸術学研究科
音楽芸術専攻修士課程修了。幼少の頃から機械と
音楽に興味を持ち、電子楽器を使って作曲するかたわら
電気楽器の制作を始め、現在ビデオ作品の
サウンド・トラック制作や、音楽とテクノロジーの関わりを
テーマにサウンド・インスタレーション、パフォーマンスを
行なっている。95年、ルイジ・ルッソロ国際コンクール入選。
日本電子音楽協会会員。自他ともに認める、
東東京が生んだハンダ付けのうまい音楽家。
2003年~2008年、洗足学園音楽大学音楽音響デザイン
コース非常勤講師を務め、
2008年、著書『楽しい電子楽器 自作のススメ』を上梓。
その活動の幅を広げている。

写真は新しくなった3号機

Pb210426

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »