« 女性限定 ヨネミン無料貸し出し、モニター募集を企画中 | トップページ | 「Make: Tokyo Meeting 03」、ご来場、有難うございました! »

2009年5月24日 (日)

「Make: Tokyo Meeting 03」、盛り上がってます!!

初参加だったので、どんなイベントになるか?ちょっと緊張しながら向かったのですが、いやーっ!かなり盛り上がってます。

私のブースの近くには、学研の大人の科学のシンセの設計者のGanさんや、自作シンセ界で超有名なtakedaさん。お二人とも素晴らしい自作アナログ・シンセを展示してます。更に今日の私のブースには、カリスマ自作電気楽器パフォーマーの弁慶さんが、自作楽器を持って応援に駆けつけてくれます。更に大物サーキットベンダーが来るかも...?という情報も。私のプレゼンや、随時それぞれのマシンをつなげる実験も行う予定です。

お時間があればぜひ遊びに来てください。もう少し準備をして寝ます。

P5230779

|
|

« 女性限定 ヨネミン無料貸し出し、モニター募集を企画中 | トップページ | 「Make: Tokyo Meeting 03」、ご来場、有難うございました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
ホントに「ヲレのための祭り」だと実感した次第です。
このために3万円ぐらい用意して、出品されているものを選んで買っていったらもっと楽しかったかと思うんですが、ヲレも全然金がなかったので指くわえてみていただけでした。
ええ。もちろん見ていただけでも楽しかったんですけどね。

先生のおかげでたけださん、Ganさんともお話できました。
そしてヲレも負けないように、使える部品は使って、部品がないときは切れ切れの夢を図面にまとめていくことにします。

これからしばらく(具体的には6/19まで)は音楽家?になりますので工房からちょっと離れてしまいますが、ハンダゴテを握る(もちろん熱くない方です)ヲレもWAVを貼り付けるヲレも同一人物なので何かありましたらご連絡ください。

投稿: 弁慶 | 2009年5月26日 (火) 16時43分

> 弁慶さん

お疲れ様でした。
接客が大変でバタバタでしたが、無事に終わって安心しました。
弁慶さんにいて頂いたおかげで、お客さんへの対応が、私一人ではどうしようもなかったので本当に助かりました。有難うございました。弁慶さんの楽器も持ってきて頂きましたが、オプション等に互換性があって、つなげて遊べたのも楽しかったです。

Ganさん、takedaさんとお話できたことは嬉しかったですね。

あと感謝しているのはプレゼンのビデオで、とっても良く撮れていて、弁慶さんのマルチな職人ソウルに、石塚も私も感激しました。

弁慶さんに設計して頂いたパワースイッチャーの回路の改良で、近々に連絡しますので、宜しくお願いします!

投稿: 米本実 | 2009年5月27日 (水) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515423/45108103

この記事へのトラックバック一覧です: 「Make: Tokyo Meeting 03」、盛り上がってます!!:

» [Make]Make: Tokyo Meeting2日目などの写真と米本さんに会えたこと。 [橋本幸樹の無愛想な日記]
http://picasaweb.google.co.jp/gohannnotomo/20090524_AKIBA_NHK_MTM03?feat=directlink 5/24は午前中は秋葉原でちょっと買い物して、NHKの技研公開を見てからMake: Tokyo Meetingにいきました。 ちゃんとしたレポートを書きたいけれど、何かばたばたして書こうという気持... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 22時34分

» [Make]Make: Tokyo Meeting2日目などの写真と米本さんに会えたこと。 [橋本幸樹の無愛想な日記]
http://picasaweb.google.co.jp/gohannnotomo/20090524_AKIBA_NHK_MTM03?feat=directlink 5/24は午前中は秋葉原でちょっと買い物して、NHKの技研公開を見てからMake: Tokyo Meetingにいきました。 ちゃんとしたレポートを書きたいけれど、何かばたばたして書こうという気持... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 22時39分

« 女性限定 ヨネミン無料貸し出し、モニター募集を企画中 | トップページ | 「Make: Tokyo Meeting 03」、ご来場、有難うございました! »